ブッタ切り!ご意見番NEWS

あっぱれ世相を切る身の周りの気になる話題をITから健康まで集めてブッタ切り!物申すご意見番ブログ

スマホなくして真っ青になったわが息子

大学生になって、友達んちにお泊りやら、オールで遊ぶやら。

ほんと糸の切れたタコ状態のわが息子。

高い学費を払っている親としては、もっとしっかり密に大学でお勉強してほ
しいところ。

高い学費分の講義をそれこそビッシリと開講してもらいたいと、大学側に文
句の一つも言ってみたくなる。

「誰とどこに行くの?」「何時に帰るの?」って小学生の頃は、しっかり子
どもに聞き出して、行動を把握していた。

帰りが遅いと、友だちのお母さんに「うちの子お邪魔してませんか?」と
電話でたずねたりもしていた。

子どもが大きくなったことと、携帯電話の普及したことが合わさって、子ど
もの交友関係やら行動範囲やらが、とんと見えなくなってしまった。

「オールする」とのメールで糸切れ凧になった息子から、早朝の電話。

「おかーさん、ヤバイ!携帯なくした!」

一瞬オレオレ詐欺が頭をよぎった。

よくよく確認してみると、うちの息子だと判明。

スポッチャやらで遊んでいて、カラオケ行って、その後お茶してるときに携
帯の紛失に気づいたらしい。

幸い息子のスマホは、指紋認証で開くタイプ。

誰かに使われることはないことが救いといえば救いか。

使った店や、その通り道を必死に探したそう。

見つからないので、お店や駅や近くの交番にお願いし、友だちの携帯番号を
伝えてひとまず待つことに。

優しい拾い主が現れることを祈りながら。

それから30~40分ほどで駅に落し物の届けがあったと友だち携帯に連絡
が入った。

拾ってくださった方は、名も連絡先も告げずに去られたそうです。

息子には、神さまに思えたんだと。

オレも携帯を拾うことがあったら、届けてあげることで恩返しをする。

と、殊勝なことを言っちゃってましたね。

人の親切のありがたさが身にしみた息子は、少し成長したのかな。

Previous

Next