ブッタ切り!ご意見番NEWS

あっぱれ世相を切る身の周りの気になる話題をITから健康まで集めてブッタ切り!物申すご意見番ブログ

月別: 2015年10月

葉酸地獄にならないためにサプリを上手に活用しよう

葉酸地獄とは私がつくった言葉です。
私もはじめはサプリに頼るなんて良くないと決めつけていました。
なので、毎日野菜をたっぷり食べたり、
苦手だったレバーやうなぎを摂ったりと食生活を全面的に改善しました。

でも、野菜の量は半端ないのです。
妊娠初期に摂りたい400マイクログラムの葉酸を摂るには
ほうれん草を生で食べれば二束、茹でたら倍の四束と聞いて、驚きました。
ほうれん草なんて生でそんなに食べられるものではないですし、
妊娠中はママの体調も弱っているのだから、
衛生的にも生のものはなるべく摂りたくはないはずです。
茹でれば量は減りますが、ほうれん草四束のお浸しは相当な量です。

そして、レバーを調理するのだって大変です。
下処理で臭みをとったり牛乳に浸したり、
下ゆでをして味付けをしてと大仕事です。
うなぎは高いのでそんなに頻繁には食べられません。

私は葉酸のことばかり考えて生活するようになってしまいました。
そして、ついに葉酸のことがストレスにも感じるようになりました。
このときのことを、後から名付けて葉酸地獄と命名しました。
まさに葉酸を摂ることに生活が支配された時期だといえます。
食事も楽しくないし、料理も大きな負担でした。
何を食べるにしても葉酸の量を確認して頭のなかで計算したり
手帳にメモをしたりしていました。
食べたものの日記をつけることはいいとは思いますが、
義務的になってしまうとこれもストレスの原因です。

一番つらかったのは、葉酸を全然摂れていないと気付いた日の夜です。
今日はダメだったと自分を責めていました。
慌てて、野菜サラダやミネストローネを作ったり、
近所の焼き鳥屋まで走り、レバーを一本買ったりしたこともありました。

今思えば、そういうときこそ葉酸サプリがあればよかったですよね。
今日は不足しているからサプリで補ってしまおう!と
気持ちを切り替えることができたはずです。
そもそもサプリは万能ではありません。
サプリだけで生活はできないのです。三食の食事を補うためのものです。
妊活中はまず食事の改善ありきの生活をして、
サプリを上手に活用するのがストレスにならない葉酸生活のコツです。